2010年03月20日

お金をかけずに広告効果をUPさせる方法18



こんにちは!

最近の雑誌広告の反応をクライアントから聞いていて
よく耳にし始めたことがあります。

ちょっと前までの雑誌広告はというと、
レスポンスが落ちた…。
電話の鳴りが減った…などのの声ばかりでしたが、
最近はちょっとずつ内容が
変わってきているような気配がします。

もちろん広告の内容次第ではありますが、
どうも雑誌が少しずつ見直されはじめているようです。

多分ネットがほおおよその家庭にまで普及し
メディアとして確立された結果、ネットだけでは限界がある
部分を雑誌が見直され始めたのでしょう。


もしあなたが、雑誌広告を出稿する場合は、
以下の点に注意を払って出稿してみてください。
多分、ちょっと前より歴然と効果が出るはずです!


1:当たり前ですが、的確なターゲットに沿った雑誌を選ぶ。

2:2〜3年前と比較して発行部数があまり減少してない
  雑誌を選ぶ。ただし、出版社が言う発行部数(公称部数)
  はまるっきりウソが多いので要注意です。
  ちゃんとした広告代理店なら、本当の実売部数を調べて
  くれるはずです。

3:発行部数の落ち込みが少ない媒体を選んだら、
  今度は逆に広告の出庫本数が少ない媒体を選ぶ。

4:ライバルが少ない雑誌を選ぶ。

5:もちろん広告の内容はマーケティング要素を
  ふんだんに入れて制作する。


これまでの雑誌広告は広告の本数が多いほど効果があると
言われていましたが、今は逆です。
広告が減ったのは出稿していた会社の業績が大きく減少したため、一番削りやすい広告を減らした大半の理由のはずです。

なにも大きく雑誌広告の効果が大きく下がった訳ではありません。

ライバルが減ったこの時期の広告出稿は、
今や抜群の狙い目かもしれません。



ただし、間違っても、廃刊寸前の雑誌には広告を出さないように!
公称部数が10万部といっておきながら、実は8千部しか刷ってない
ことなんてザラにある話ですから…(笑)
posted by niscoman at 11:51 | 日記

2010年03月15日

注目の日本在住の中国人向け媒体!


こんにちは!

先日、とっても面白い媒体を発見しました!
まず一般の日本人にはお目にかからない媒体です。

知り合いの中国人が教えてくれた
日本在住の中国人が読む、新聞やフリーペーパーです!

見てビックリ!!
私も商売柄これまでいろんな媒体を見てきましたが、
今どきこんなに広告の入っている媒体を見かけたことが
ないほど、ホントに広告だらけなのです!

不動産、弁護士、人材募集、結婚相談、金融、etc…と
業種も様々。

やっぱり中国パワーはすごいですね〜!


出版不況のこの時代に、これだけ広告が入っていたら
出版社はウハウハだろうなぁ〜!


中国新聞2.jpg


ネットがなかった時代の
雑誌や新聞を思い出しました…。


1中国媒体.jpg


あなたの会社が、もし中国人をターゲットにする業種だったら
この媒体はおススメです!
posted by niscoman at 18:50 | 日記

2010年03月09日

ホームページ業者の裏側

毎日、花粉症でホトホト困っております…(苦笑)
この時期はホントにツライ…。


先日、ある人からこんな話を聞きました。

ホームページ代行作成について

★作成内容    15ページ程度(A41ページ程度×15)
★打合せ     1回のみ
★SEO対策   SEO対策に沿ったテキスト掲載
★コピー作成   一切なし
★初期費用    30万〜60万円
★メンテナンス費 月々31500円×60回(5年間)
★更新      月に1回、画像3点、文字1ページ2ヶ所程度
★それ以外    上記以外は別途料金がその都度発生


上記に内容だと、最低費用で算出しても
5年間の合計が、210万(税別)
必要になってきます。


こんな法外な料金を平気で請求している会社があるようですね!

それでいて、その業者に頼んだ、HPの効果は1件もないとの
事でした…。

この業者の考え方は、HPを作るのが仕事であって、
HPを作ったことによる集客の責任は、論外のようですね…。


こんなことが、この世の中まかり通ってイイのでしょうか…。


私はこの話を聞いてかなしくなりました。


どうか、協力会社の選定には十分なご注意を!



posted by niscoman at 09:02 | 日記